織物屋のアップサイクル。

織物屋の倉庫に眠っていた、古くなって使われなくなってしまったシャトルをマグネットバーとしてアップサイクルしました。

美しいカタチと色鮮やかな糸が、暮らしを少しだけ彩ります。

織物に欠かせない「杼」。

 

織物にはつきもののシャトル

専門用語では「杼(ひ)」と言います。

 

綴織に使う杼は「つづれ杼」と呼ばれ、同時にたくさんの杼を使う事と、1ミリ以下の僅かな糸のすき間を通してすくい上げるために、他の織物に比べて小さく、糸に引っかからないように設計された三次元の曲線美が特徴です。

シャトルの語源。

意外なお話ですが、実はスペースシャトルやシャトルバスなどの語源にもなっています。

実際に織る時、右に左に行ったり来たりする動作から、往復して動くものや運ぶものにその名前が使われているのです。

IMAGE

​商品詳細

《数量限定商品》​

<サイズ>

約23×13×175mm

<素材>

木・絹糸・マグネット・竹

<その他>

裏面に強力な磁石を取り付けてあります

通常のコピー用紙5枚程度まで固定できます

© 2018 by Kiyoharaorimono All rights reserved