先人の知恵から、

新しい発見。

 

和裁の伝統的な手縫いの技法「千鳥がけ」に優れた機能性を見い出しました。

一般的な名刺入れのマチは、紙袋のマチのように内側に折り畳まれる為に、格納部を考慮してポケットを大きく設計しなければなりません。さらに、生地が折り重なる部分は必然的に分厚くなってしまいます。


しかし、糸で構成された千鳥がけは伸縮性がありながら、格納部が必要ありません。 実はマチとしての利便性と機能性を兼ね備えていたのです。

一目惚れする美しさ。

 

綴織は通常の織物と違い、縦糸が見えない独自の組織構造の織物。

その生地と天然シルクの光沢が、上質なテクスチャーを生み出します。
さらに、引張強度は最大で本革の約五倍。(工業技術センター調べ) 

文化財に使われている百年以上前の綴織が、その美しさと強さを証明しています。

スタイルも、

佇まいも美しく。

 

スリムでコンパクトなフォルムだから、シャツやジャケットのポケットに入れても目立ちにくく、服のシルエットを崩しません。

デスクに置かれていても美しく見えるように、全体のフォルムは人が最も美しいと感じる黄金比(1:1.618)の比率で設計しました。

LINE UP

​商品詳細

《 名刺入れ 》

<サイズ>

縦65×横105㎜(約20枚+約5枚収納可能)

<素材>

絹 100%

<その他>

​マチの糸にも丈夫な天然絹糸を使用していますが、万が一切れた場合でもリペアも承っております。

​<受賞歴>

主催:伝統的工芸品産業振興協会

平成28年度全国伝統的工芸品公募展

 44品に入選

2017年度グッドデザイン賞受賞

※綴織の受賞は業界初

© 2018 by Kiyoharaorimono All rights reserved