1/3

CONCEPT

「伝統を織り込み、未来を綴る。」

STORY

「綴織(つづれおり)」は、およそ四千年の歴史を誇る織物。

古代エジプトから続いてきた長い長い歴史のバトンは、

文明と共に国境を越え、時代を越え、

人から人へと受け継がれ、やがてこの国にたどり着きました。

​千年前のお話です。

こうして受け継がれた綴織は、その表現力の高さと美しさから

神社仏閣や上流階級の装飾品、結納式の袱紗や着物の帯など、

晴れ舞台やおめでたい席に相応しい

「最高峰の美術織物」として位置づけされるようになりました。

そして今、

文化や生活様式が変化していく中で、この歴史のバトンを

未来につなげる為に作り手として何が出来るだろうか。

私たちが見つけた答えは、

その伝統を破壊しない、革新もしない、

「現代の視点から綴織を再編集する」という事でした。​

私達がものづくりを続けてきた滋賀は

美しい自然に囲まれています。

四季を通して変化する色や匂い、光。

この場所でつくる自分達だからこそ、

感じられる事をプロダクトへ織り込んでいく。

今までとこれからのために出来ることをやろう。

そんな思いから、このブランドを立ち上げました。

© 2018 by Kiyoharaorimono All rights reserved